[名](スル)
  1. あきるほど腹いっぱい食べること。

  1. 食べたいだけ食べられて、食物に不自由しないこと。日常生活に不自由がないこと。「飽食の時代」

出典:青空文庫