《「糯 (もち) の飯 (いい) 」の意》「もち(餅)」に同じ。

「のたまひし―、忍びていたう夜更 (ふ) かして持て参れり」〈・葵〉