• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

六道の一。餓鬼の世界。常に飢えと渇きに苦しむ亡者の世界。

「大海に浮かぶといへども、潮なれば飲むこともなし。是れ又―の苦とこそおぼえ候ひしか」〈平家・灌頂〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉