• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

憑 (つ) き物の一種。多く山路を歩く者がとりつかれ、急に空腹を覚えて動けなくなってしまうという。西日本に多く伝えられる。