• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 初対面の人などが親睦を図るために寄り集まってする舞。また、その舞を伴う宴会。

    1. 「芸に従ひて思ひ思ひの―する中にも面白かりし事は」〈義経記・五〉

  1. 旅人が社寺の前を通るとき、神仏への手向けとして行う舞。

    1. 「王子王子の御前にて、―ばかりをばつかまつらる」〈盛衰記・九〉