• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

遊里で、金銭を湯水のように使って豪遊する客。

「身はこの廓 (さと) へ通ひつめ、当世―と、人に知られて」〈伎・浮世柄比翼稲妻