律令制で、官命によって旅行する者に中央官庁と地方国衙 (こくが) から下付した鈴。駅馬の供与を受ける資格を証明し、これを鳴らしながら旅行した。えきろのすず。うまやのすず。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉