《「はやうま(早馬)」の音変化》古代、官吏などの公用の旅行のために、諸道の各駅に備えた馬。はいま。

「さぶる児 (こ) が斎 (いつ) きし殿に鈴掛けぬ―下れり里もとどろに」〈・四一一〇〉