• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代の越訴 (おっそ) の一。町役人などの手を経る正規の手続きをとらず、評定所奉行所、または幕府の重臣、領主などに直接訴え出ること。特別の理由がないかぎり、受理されなかった。駆け込み願い。駆け込み訴訟。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉