《「こまびき」とも》

  1. 馬を引くこと。また、その者。

  1. 平安時代、毎年4月に、天皇が群臣とともに武徳殿において、馬寮 (めりょう) の馬を御覧になる儀式。5月の騎射に備えたもの。

  1. 平安時代、毎年8月、甲斐・武蔵・信濃・上野 (こうずけ) の牧場から貢進する馬を天皇が紫宸殿 (ししんでん) で御覧になる儀式。秋の駒牽き。

    1. 「今日は―とて、左馬寮の使、国々の御牧 (みまき) の駒を奉る」〈保元・上〉

  1. 駒牽き銭 (ぜに) 」の略。

    1. 「なめし革の巾着に―の根付をさげ」〈浮・男色大鑑・五〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉