• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、毎年8月の駒牽 (こまひ) きのとき、諸国から貢進される馬を、馬寮 (めりょう) の使いが近江 (おうみ) の逢坂 (おうさか) の関まで迎えに出たこと。こまむかい。 秋》「―ことにゆゆしや額白/蕪村

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[秋/行事]の季語