乗用具の一。竹製または木製で、人の乗る部分を1本の長い柄につるし、前後から担いで運ぶもの。古くから使われたが、江戸時代に広く普及した。四つ手駕籠山駕籠宿駕籠など。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉