1. 偶蹄 (ぐうてい) 目ラクダ科の哺乳類のうち、ヒトコブラクダフタコブラクダの総称。体は黄褐色で四肢と首が長く、背中に脂肪を蓄えたこぶが一つまたは二つある。鼻孔を自由に閉じることができるなど、砂漠の暮らしに適応し、砂漠の舟とよばれる。ともに古くから家畜とされ、ヒトコブラクダは北アフリカ・アラビア半島に、フタコブラクダは中央アジアにみられる。野生のものはほとんどない。

  1. ラクダの毛で作った糸や織物。「駱駝のシャツ」

  1. 夫婦また男女が二人連れ立って歩くこと。

    1. 「隠居夫婦参り下向する身は―」〈咄・新板一口ばなし〉

  1. 形だけ大きくて品質の悪いもの。

    1. 「―の薩摩芋だと思ふか」〈伎・御国入曽我中村〉

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:青空文庫