1. 仏道修行を積んだしるし。特に修験者の行う加持祈祷 (かじきとう) のききめ。

  1. ある事を行ったことによるききめ。効果。

    1. 「こんな姑息手段で断えず額を冷やして見たが、一向はかばかしい―もないので」〈漱石

  1. 縁起。前兆。「験が悪い」「験をかつぐ」