• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 骨を惜しむ」に同じ。

  1. ひとの苦労を無にする。

    1. 「いづれもの骨も盗まず、酒手ほどはおませう」〈浄・浦島年代記〉