1. 骨組み。骨格。

  1. 根本となる規定。また、基礎となる枠組み。「最新技術の骨法を将来する」

  1. 芸道などの急所となる心得。こつ。「師の芸の骨法を会得する」

  1. 礼儀や故実の作法。

    1. 「礼儀―弁 (わきま) へたる者一人 (いちにん) もなし」〈平家・一〉

  1. 骨法用筆」の略。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:青空文庫