• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「ずい」の音変化》物事の中心。まんなか。

「虎の―にさし当て」〈浄・反魂香