• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. 取るに足りないさま。たかだか。

    1. 「是皆ひとつにしてから、―二貫目か三貫目」〈浮・胸算用・二〉

  1. はじめから。そもそも。

    1. 「命惜しい程なら―身をうつこともない」〈浄・生玉心中