• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

血液中の総コレステロール値が高くなる脂質異常症。体内でのコレステロール合成・代謝異常、コレステロールを多く含む食品の摂り過ぎなどが原因とされる。遺伝的要因が強いものと生活習慣など環境要因の強いものがある。現在は、総コレステロール値よりも狭心症心筋梗塞などの虚血性心疾患との相関性が高いLDLコレステロール値が脂質異常症の診断基準として重視されている。