• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

高山彦九郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1747~1793]江戸中期の勤王家。上野 (こうずけ) の人。名は正之。諸国を行脚して勤王思想を提唱。時勢に憤激して九州久留米で自刃。林子平蒲生君平 (がもうくんぺい) とともに、寛政の三奇人の一人。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉