• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

巾子を高くして白い挿頭 (かざし) の綿で包んだ冠。踏歌 (とうか) の際、六位の蔵人 (くろうど) の舞人がかぶった。

「―の世離れたるさま」〈・初音〉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉