1. 主に江戸時代、法度 (はっと) 禁令、犯罪人の罪状などを記し、一般に告示するために町辻や広場などに高く掲げた板の札。明治6年(1873)廃止。たかふだ。

  1. 相手を敬ってその手紙をいう語。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫