旧制度で、官吏の等級の一。判任官の上に位置する。親任官のほか九等に分け、親任官および一・二等を勅任官、三等以下を奏任官とした。

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉

出典:青空文庫