• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 鎧 (よろい) の後胴に続く肩上 (わたがみ) の先端と前胴の胸板 (むないた) をつなぐ、懸け外しの鞐 (こはぜ) をつけた紐。近世は、相方が引き合うことから相引きの緒ともいう。

  1. 当世具足引き合わせの緒。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉