俗な気持ちを捨てて、気高く身を処すること。

「―の遺風あるを慕うて」〈織田訳・花柳春話

出典:青空文庫