【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。
  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形][文]いぶせ・し[ク]
  1. 気分が晴れず、うっとうしい。気づまりである。

    1. 「天井は―・きまで低し」〈鴎外訳・即興詩人

    2. 「ひさかたの雨の降る日をただ独り山辺にをれば―・かりけり」〈・七六九〉
  1. むさ苦しい。汚らしい。見苦しい。

    1. 「屋並の揃わない小家つづき…、あたりは一層―・く貧し気に見える」〈荷風つゆのあとさき

    2. 「帯が垢付いて―・い」〈浮・妾気質〉
  1. 心がいたみ気がかりだ。

    1. 「心苦しう―・くて、二とせをおくりつる心のうちを書き給ひて」〈平家・一〇〉

  1. 対象となる人や事物が、いとわしくていやだ。不快である。

    1. 「やがてその興つきて、見にくく、―・く覚えければ」〈徒然・一五四〉

  1. 恐ろしい。気味が悪い。

    1. 「見る目―・き呵責のせめ」〈浄・忠臣講釈