• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鬼哭啾啾の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

悲惨な死に方をした者の浮かばれない亡霊の泣き声が、恨めしげに響くさま。転じてものすごい気配が漂い迫りくるさま。▽「鬼哭」は浮かばれない霊魂が声を上げて泣き悲しむこと。「啾啾」はしくしくと泣く声の形容。
出典
杜甫とほ「兵車行へいしゃこう」。「君見ずや…、新鬼は煩冤はんえんし旧鬼は哭し、天陰くもり雨湿うるおうとき声啾啾たるを」(諸君は見聞きしなかったか…、死んで間もない亡霊はもだえ恨み古い霊魂は泣き叫び、空がくもり雨にしめるときには亡霊の泣く声が悲しげにひびいているのを)
句例
鬼哭啾々とした戦場、鬼哭啾々たる気配
用例
この広いビルマには、全国にどれほどの同胞がこうした姿になったままでいるかわかりません。鬼哭啾々とはこのことです。<竹山道雄・ビルマの竪琴>
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

鬼哭啾啾の解説 - 学研 四字熟語辞典

成仏できない霊魂の泣き声が恨めしげに響くさま。転じて、鬼気迫るような恐ろしい気配のこと。
注記
「鬼」は、亡霊。「哭」は、大声を上げて泣き悲しむこと。「啾啾」は、霊魂がしくしくと悲しげに泣くさま。出典の「新鬼しんきは煩冤はんえんし旧鬼きゅうきは哭こくす、天陰てんくもり雨湿あめうるおうとき声啾啾たり」による。
出典
杜甫とほ「兵車行へいしゃこう

鬼哭啾啾の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]亡霊の泣き声がしくしくと聞こえるようなさま。恐ろしい気配が迫ってすさまじいさま。「鬼哭啾啾たる激戦地の跡に立つ」

[喜怒哀楽を表す/うらむ]カテゴリの四字熟語

キーワード[悲しい]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。