大棟 (おおむね) 降 (くだ) り棟の端に飾る瓦。獣面のほか蓮華文 (れんげもん) などがあり、鬼面がなくてもいう。

[補説]狂言の曲名別項。→鬼瓦

狂言。都に出てきた大名が訴訟に勝って因幡 (いなば) 堂へお礼参りに行ったとき、鬼瓦を見て国もとの妻の顔を思い出して泣くが、太郎冠者に慰められて、笑う。

出典:青空文庫