• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 北斗七星を柄杓 (ひしゃく) になぞらえたとき、水をくむ部分の先端にある第1星。

  1. 進士の試験に第1位の成績で及第した者。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉