• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「後漢書」張綱伝から》魚が煮られるのも知らずに釜 (かま) の中で泳いでいるように、災難が迫っているのも知らずにのんきにかまえていることのたとえ。