• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 魚類の荷。

  1. 《「魚荷飛脚」の略》大坂・堺と京都との間で魚の荷を運ぶかたわら飛脚を兼ねた者。

    1. 「この文 (ふみ) の届け賃、この方にて十文、―に相渡し申し候」〈浮・一代女・三〉