魯迅の解説 - 小学館 大辞泉

[1881~1936]中国の文学者・思想家。浙江 (せっこう) 省紹興の人。姓は周、名は樹人。字 (あざな) は予才 (よさい) 。周作人の兄。日本に留学、帰国後、革命運動に参加したが、のち学問に没頭。1918年、魯迅の筆名で「狂人日記」を発表。以後、「阿Q正伝」など多数の小説・雑感を発表。1930年に中国左翼作家連盟に加盟。翻訳、文学史研究などにも大きな功績を残した。散文詩集「野草」、短編小説集「故事新編」など。ルー=シュン。
竹内好の評論。の死の直後から書き始められ、昭和18年(1943)脱稿。武田泰淳が校正を行って昭和19年(1944)に刊行された。その後の魯迅研究に大きな影響を与えた著者の代表作。
中国の小説家、翻訳家、思想家。代表作に『阿Q正伝』、『狂人日記』など。
出生地
中国・浙江省紹興市
生年月日
1881年9月25日 てんびん座
没年月日
1936年10月19日(享年55歳)
別表記
ルー・シュン 鲁迅 Lu Xun Lu Hsün Lu Hsun Lǔ Xùn

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉

出典:青空文庫