• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ニシン目ニシン科の海水魚。全長約25センチ。体は紡錘形で側扁する。背側が青色で数列の黒点が並び、肩部に黒斑が一つある。背びれの後端が長く伸びている。本州中部以南の沿岸に産し、食用。約10センチのものをコハダまたはツナシとよぶ。焼くと死臭がするといわれ、武士は「この城を食う」といって避け、また切腹のときに用いたという。 秋》

[補説]「鮗」は国字。

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[秋/動物]の季語