1. アンコウ目アンコウ科の海水魚の総称。キアンコウ(ホンアンコウ)とアンコウ(クツアンコウ)の2種がある。全長約1メートル。大きな口をもち、体は縦扁し、丸く、尾は小さい。骨は軟骨が多く、肉は弾力に富む。上唇の上部にある細長い突起を動かして小魚を誘い寄せて捕食。日本の沿岸の海底にすむ。冬季に鍋料理にする。肝臓は特に美味。 冬》「―の骨まで凍ててぶち切らる/楸邨

  1. 1の動きが鈍いところから》愚かな人。

    1. 「この祐経、―らしくだしぬかれ」〈浄・加増曽我〉

  1. 呼樋 (よびどい) 」に同じ。

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[冬/動物]の季語

出典:青空文庫