• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

コイ科の淡水魚。全長約15センチ。体は細長く、暗褐色で小黒斑が散在。短い口ひげが一対ある。湖沼・河川の砂礫 (されき) 底にすみ、二枚貝に産卵する。本州中部以西に分布したが、関東・東北地方にも広がる。美味。名の字は、明治天皇が賞味したことに由来。あかめ。さくらばえ。やなぎばえ。ほやる。 春》「酒少し淡海の―雛の夜/澄雄」

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[春/動物]の季語