• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 《中国上古、黄帝の時、蒼頡 (そうけつ) が鳥の足跡を見て文字を作ったという故事から》文字。筆跡。また、手紙。

    1. 「―ひさしくとどまれらば」〈古今・仮名序〉

  1. へたな文字や筆跡。

    1. 「陸奥国紙 (みちのくにがみ) 五六枚に、つぶつぶとあやしき―のやうに書きて」〈・橋姫〉