1. 舞楽の襲装束 (かさねしょうぞく) に用いるかぶり物。鳳凰 (ほうおう) の頭をかたどり、厚紙に金襴 (きんらん) 紅絹 (もみ) などをかぶせて作る。曲により形式・色彩などが異なる。

  1. キンポウゲ科の多年草。高さ約1メートル。葉は手のひら状に深く裂けている。秋、深紫色の冠状の花が集まって咲く。また、ハナトリカブトなどを含め、トリカブト属の総称。塊根は猛毒であるが、漢方では主根を烏頭 (うず) 、側根を附子 (ぶし) といい、神経痛リウマチなどの鎮痛薬に用いる。かぶとぎく。かぶとばな。 秋》「荒寥 (こうりょう) と熊の湯ちかき―/秋桜子