• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

文杖 (ふづえ) などの尖端 (せんたん) の、物を挟む所。ここに文書などを挟んで位の上の人に差し出した。鳥のくちばしに似ているところからいう。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉