1. 鳥を飼っておく小屋。鳥小屋。

  1. ツグミなどの小鳥狩りの際、わなを仕掛けて待つために山中や谷間に設けた小屋。

  1. タカの羽が夏の末ごろから抜けて、冬までに生えかわること。その時機に、1にこもるところからいう。

  1. 歌舞伎劇場で、花道揚げ幕の内部にある小部屋。花道への出入りの際の控え所。狭くて1に似ていたのでいう。

  1. 旅回りの役者などが、不入りなどで次の土地に出発できないでそこに滞在すること。

  1. 遊女が梅毒で引きこもること。また、梅毒のこと。

    1. 「―をせざる中は、本色の遊女とせず」〈浮・禁短気・三〉

[演劇・映画/演劇・映画の言葉]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

出典:青空文庫