• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

正倉院に伝わる屏風の一。六扇からなり、各扇に唐装の婦人を一人配した樹下美人図。天平勝宝8年(756)の東大寺献物帳に記載される。頭髪・着衣・樹木などにヤマドリの羽毛が貼 (は) られていたのでこの名があるが、現在はほとんど剝落 (はくらく) して下図の墨線のみとなり、彩色された面貌 (めんぼう) だけが当初の様相をとどめている。「とりげたちおんなびょうぶ」ともいう。