銭 (ぜに) の異称。また、一般に金銭の異称。江戸時代までの銭貨は中心に穴があり、その形が鳥の目に似ていたところからいう。現在は多く「お鳥目」の形で用いる。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫