《戯画に長じたと伝える平安後期の僧、鳥羽僧正覚猷 (かくゆう) にちなんでいう》江戸時代、日常生活を軽妙なタッチで描いた墨書きの戯画。今日の漫画にあたり、大坂の松屋耳鳥斎らの手によって盛んになった。
歌舞伎舞踊。清元。九変化舞踊「御名残押絵交張 (おんなごりおしえのまぜはり) 」の一。2世桜田治助作詞、清沢万吉作曲。文政2年(1819)江戸中村座初演。を題材にした踊りで、半裸の下男が枡 (ます) を持ってねずみを追いかける図を舞踊化したもの。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉