• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

綾 (あや) や浮き織物の織り文様の一。花菱 (はなびし) を中心に、図案化された尾長鳥が2羽ずつ相対し、輪違いに連なっている文様。指貫 (さしぬき) や屏風 (びょうぶ) の裏などに用いられる。