1. 農作物の害鳥を追い払うこと。また、その仕掛け。鳥おどし。

  1. 農村の小正月の行事の一。関東・東北地方などで行われる。多くは、子供たちが鳥追い歌をうたって、鳥追い棒と称する杓子 (しゃくし) や棒などで鳥を追うしぐさをする。

  1. 門付けの一。新年に門口で、扇で手をたたきながら祝言を述べ、米銭の施しを得たもの。江戸初期、京都悲田院の与次郎が始めたという。たたき。たたきの与次郎。

  1. 門付け芸の一。江戸中期以降、新年に女太夫たちが、新しい着物に日和下駄編み笠姿で三味線などを弾きながら、鳥追い歌を歌って家々を回ったもの。 新年》「―やうき世の霜の袖袂/万太郎