• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、宮中にあった戸。開閉のときに激しく鳴った。

「春宮に―といふ戸のもとに、女ともの言ひけるに」〈後撰・恋二・詞書〉