• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ五(四)]

  1. 鳴りそうになる。また、ちょっと鳴ってやむ。「電話のベルが―・る」

  1. 声を立てて騒ぐ。

    1. 「知る知らぬ多くの僧ども―・り加持参るほどに」〈栄花・衣の珠〉