名古屋市緑区の地名。もと東海道の宿場町。鳴海絞を特産。古代には海岸で、鳴海潟とよばれた。[歌枕]
    1. 「いざ知らず―の浦にひく潮のはやくぞ人は遠ざかりにし」〈新撰六帖・三〉

鳴海絞」の略。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/中部]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫