• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鳶目兎耳の解説 - 学研 四字熟語辞典

トビの目は遠くのことまで目ざとく見つけることができ、兎の耳はどんな小さな音もよく聞こえるという意で、そのような目と耳を持った鋭い人。
注記
新聞記者や雑誌記者、また放送などの報道関係者にいう。
表記
「兎」は、「兔」とも書く。
類語
飛耳長目ひじちょうもく
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。