• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鳶飛魚躍の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

万物が自然の本性に従って、自由に楽しんでいることのたとえ。また、そのような天の理の作用のこと。また、君主の恩徳が広く及び、人々がその能力などによって、それぞれ所を得ているたとえ。鳶とびが空に飛び魚が淵ふちにおどる意から。▽「鳶とびび魚うおおどる」と訓読する。
出典
『詩経しきょう』大雅たいが旱麓かんろく。「鳶とびは飛んで天に戻いたり、魚は淵に躍る」

鳶飛魚躍の解説 - 学研 四字熟語辞典

トビが空を飛び、魚が淵におどる意から、万物が自然の本性に従って、自由奔放に楽しんでいることのたとえ。また、そのような天の摂理。また、君子の徳などが世の中をうまく統べ治めていること。
注記
「鳶とびは飛んで天に戻いたり、魚は淵に躍おどる」の略。
出典
『詩経しきょう』大雅たいが・旱麓かんろく
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。