• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鴉雀無声の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ひっそりとして声ひとつないこと。静まりかえっている形容。からすやすずめなど鳥の鳴き声のない意から。▽「鴉」はからす。「鴉雀あじゃくこえし」と訓読する。
出典
蘇軾そしょく「絶句ぜっく」(詩)。「烏鵲うじゃく声無く夜闌たけなわに向かう」
類語
鴉鵲無聞あじゃくむぶん 鴉黙雀静あもくじゃくせい